エコー機能のON/OFFを切り替える(ECHO)

広告
eyecatch

バッチファイルで実行したコマンドを画面に表示するかどうかを設定することができる ECHO コマンドの使い方について解説します。なお ECHO コマンドは任意の文字列を表示(ECHO)でも使います。

ECHOコマンドの使い方(エコー機能のオン/オフ)

実行したコマンドを画面に表示する機能をエコー機能といいます。ECHO コマンドを使用すると、エコー機能のオンとオフを切り替えることができます。書式は次の通りです。

ECHO [ON | OFF]

それではエコー機能のオンとオフを切り替えて試してみます。

エコー機能とは

テストを行うために次のような簡単なバッチファイル echotest.bat を c:¥test に作成しました。

cd c:¥test
dir

デフォルトではエコー機能はオンになっています。バッチファイルを実行すると次のように表示されます。

エコー機能とは(1)

エコー機能がオンになっていると、バッチファイルで実行された cd:¥test や dir など実行したコマンド(およびプロンプト)が画面に表示されます。

エコー機能とは(2)

場合によっては実行しているコマンドは表示せずに結果だけ表示したい場合もあります。その場合はエコー機能をオフにしてください。エコー機能をオフにする方法は2つ用意されていますのでそれぞれ確認してみます。

コマンドの前に@をつけてエコー機能をオフにする

エコー機能をオフにする1つ目の方法は実行するコマンドの前に @ を記述します。先程のバッチファイルを少し変更し、次のように各コマンドの前に @ を付けました。

@cd c:¥test
@dir

バッチファイルを実行すると次のように表示されます。

コマンドの前に@をつけてエコー機能をオフにする(1)

実行されたコマンドが画面に表示されず、コマンドの実行結果だけが画面に表示されました。

コマンド単位で指定できますので例えば cd:¥test だけ画面に表示させないようにすることもできます。先程のバッチファイルを次のように書き換えました。

@cd c:¥test
dir

バッチファイルを実行すると次のように表示されます。

コマンドの前に@をつけてエコー機能をオフにする(2)

cd:¥test コマンドが実行されたことは表示されず dir コマンドが実行されたことは表示されました。

ECHOコマンドを使ってエコー機能をオフにする

エコー機能をオフにする2つ目の方法 ECHO コマンドを使う方法です。ECHO コマンドを使ってエコー機能をオフにすると、それ以降に実行されるコマンドは画面に表示されません。エコー機能をオフにするには次のように実行してください。

echo off

先程のバッチファイルを少し変更し、最初に echo off を記述しました。

echo off
cd c:¥test
dir

バッチファイルを実行すると次のように表示されます。

ECHOコマンドを使ってエコー機能をオフにする(1)

実行されたコマンドが画面に表示されず、コマンドの実行結果だけが画面に表示されました。ただエコー機能をオフにするために実行した echo off だけは画面に表示されてしまっています。ECHO コマンドが実行されたことも画面に表示させないようにするには1つ目の方法で使用した @ を ECHO コマンドの前に記述してください。

@echo off
cd c:¥test
dir

バッチファイルを実行すると次のように表示されます。

ECHOコマンドを使ってエコー機能をオフにする(2)

ECHO コマンドも含めて実行されたコマンドが画面に表示されず、コマンドの実行結果だけが画面に表示されました。

-- --

ECHO コマンドを使ってエコー機能のオンとオフを切り替える方法について解説しました。

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。