Mozilla Thunderbirdを使ってGmailで受信したメールを閲覧する

Mozilla Thunderbird は無料で利用可能なメールクライアントで、インストールを行いローカル環境で起動して利用するアプリケーションです。多くのプラットフォーム上で利用することができます。この記事では Thunderbird のインストール方法および POP3 や IMAP4 を使用するアカウントを追加して Gmail で受信したメールを閲覧する方法について解説します。

※ Mozilla Thunderbird からメールを送信する手順については「Mozilla Thunderbirdを使ってメールを送信する」を参照されてください。

(2021 年 06 月 08 日公開 / 2021 年 06 月 08 日更新)

Thunderbirdをダウンロードする

最初に Thunderbird をダウンロードします。次の URL へアクセスしてください。

https://www.thunderbird.net/ja/

Thunderbirdをダウンロードする(1)

画面中央に表示されている「無料ダウンロード」をクリックしてください。

Thunderbirdをダウンロードする(2)

Thunderbird のダウンロードが開始されます。サイトへアクセスした環境に合わせて適切なものを自動でダウンロードするようです。任意の場所に保存しておいてください。

なおダウンロード開始後、サイトには寄付に関するページが表示されます。寄付については任意です。

Thunderbirdをダウンロードする(3)

Thunderbirdをインストールする

続いて Thunderbird のインストールを行います。ダウンロードしたファイルをダブりクリックしてください。次のような画面が表示されますので「次へ」をクリックしてください。

Thunderbirdをインストールする(1)

セットアップの種類を選択します。「標準インストール」と「カスタムインストール」を選択します。インストールする場所を選択したい場合は「カスタムインストール」を選択してください。今回は「標準インストール」を選択しました。選択が終わりましたら「次へ」をクリックしてください。

Thunderbirdをインストールする(2)

インストールするフォルダが表示されます。インストールしてよろしければ「インストール」をクリックしてください。

Thunderbirdをインストールする(3)

次のように表示されれば Thunderbird のインストールは完了です。

Thunderbirdをインストールする(7)

Thunderbirdを起動する

Thunderbird を起動するには、 Windows の画面左下に表示されているスタートをクリックし、表示されたメニューの中から「Mozilla Thunderbird」をクリックしてください。

Thunderbirdを起動する(1)

Thunderbird が起動しました。

Thunderbirdを起動する(2)

なお Thunderbird を終了するときは、単に右上の「×」をクリックするか、画面右上に表示されているメニューアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「終了」をクリックしてください。

Thunderbirdを起動する(3)

Thunderbird が終了します。

IMAP4のアカウントを追加する

Thunderbird をインストールしたら最初にアカウントを追加します。まだ一つもアカウントが追加されていない状態で Thunderbird を起動すると次のようなウィンドウが表示されます。

IMAP4のアカウントを追加する(1)

このウィンドウが表示されていなかった場合、 Thunderbird の「セットアップするアカウントを選んでください」の下に表示されている「メール」をクリックしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(2)

先ほどのウィンドウが表示されます。

IMAP4のアカウントを追加する(3)

それでは新しいアカウントを追加します。今回は Gmail のメールアドレスを対象に、メール受信のプロトコルとして IMAP4 を使うアカウントを追加します。先に Gmail の方でメールクライアントから IMAP4 でアクセスできるように設定しておきます。

GmailでIMAP4を使ったアクセスを有効にする

対象となる Gmail のアカウントで Gmail にログインしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(4)

画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「すべての設定を表示」をクリックしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(5)

「設定」画面が表示されたら「メール転送と POP/IMAP」タブをクリックしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(6)

「IMAPアクセス」のブロックで「IMAPを有効にする」を選択します。

IMAP4のアカウントを追加する(7)

「変更を保存」をクリックしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(8)

これで Gmail 側の準備は完了です。

IMAP4のアカウントを追加する

Thunderbird の画面に戻り、「名前」、対象となる「メールアドレス」、メールアドレスの「パスワード」を入力してください。入力が終わったら「続ける」をクリックしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(9)

入力したメールアドレスから Thunderbird が設定すべきサーバの情報を自動で設定してくれます。プロトコルとして IMAP を選択し「完了」をクリックしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(10)

Gmail のログイン画面が表示されます。対象の Gmail のアカウントでログインしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(11)

IMAP4のアカウントを追加する(12)

Thunderbird から Gmail へのアクセスの許可を行う画面が表示されます。「許可」をクリックしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(13)

Thunderbird へのアカウントの追加が完了しました。

IMAP4のアカウントを追加する(14)

受信したメールを閲覧する

Gmail で受信したメールを Thunderbird の画面で閲覧してみます。アカウントの対象が Gmail のメールアドレスの場合、受信したメールや送信したメール、アーカイブされたメールなどはすべて「すべてのメール」に表示されます。画面左側に表示されている「すべてのメール」をクリックしてください。

IMAP4のアカウントを追加する(15)

Gmail で受信しているメールの情報を Thunderbird で取得し、一覧で表示しました。

IMAP4のアカウントを追加する(16)

POP3のアカウントを追加する

新しいアカウントを追加します。今回は Gmail のメールアドレスを対象に、メール受信のプロトコルとして POP3 を使うアカウントを追加します。先に Gmail の方でメールクライアントから POP3 でアクセスできるように設定しておきます。

※ 同じ Gmail のアカウントを対象としているので、先ほど作成したアカウントはいったん削除した上で新しいアカウントを作成しています。アカウントの削除方法はこのページの最後で解説しています。

GmailでPOP3を使ったアクセスを有効にする

対象となる Gmail のアカウントで Gmail にログインしてください。

POP3のアカウントを追加する(1)

画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「すべての設定を表示」をクリックしてください。

POP3のアカウントを追加する(2)

「設定」画面が表示されたら「メール転送と POP/IMAP」タブをクリックしてください。

POP3のアカウントを追加する(3)

「POPダウンロード」のブロックで「すべてのメールで POP を有効にする」または「今後受信するメールで POP を有効にする」のどちらかを選択してください。受信済みのメールも POP3 で取得可能にする場合は「すべてのメールで POP を有効にする」を選択し、今後受信する新しいメールだけを POP3 で取得可能にする場合は「今後受信するメールで POP を有効にする」を選択します。

今回は「すべてのメールで POP を有効にする」を選択しました。選択が終わりましたら「変更を保存」をクリックしてください。

POP3のアカウントを追加する(4)

これで Gmail 側の準備は完了です。

POP3のアカウントを追加する

Thunderbird の画面に戻り、「名前」、対象となる「メールアドレス」、メールアドレスの「パスワード」を入力してください。入力が終わったら「続ける」をクリックしてください。

POP3のアカウントを追加する(5)

入力したメールアドレスから Thunderbird が設定すべきサーバの情報を自動で設定してくれます。プロトコルとして POP3 を選択し「完了」をクリックしてください。

POP3のアカウントを追加する(6)

「完了」をクリックしたときに「サーバーにログインできません。ユーザー名やパスワード、設定が間違っていないか確認してください。」というエラーが表示される場合には、対象となる Google アカウントで安全性の低いアプリの許可をオンにする設定が必要です。設定方法は「安全性の低いアプリの許可をオンにする」を参照されてください。

Thunderbird へのアカウントの追加が完了しました。

POP3のアカウントを追加する(7)

受信したメールを閲覧する

Gmail で受信したメールを Thunderbird の画面で閲覧してみます。 POP3 の場合はサーバーから取得したメールは画面左側に表示されている「受信トレイ」フォルダに格納されています。「受信トレイ」をクリックしてください。

POP3のアカウントを追加する(8)

取得したメールの一覧が表示されました。

POP3のアカウントを追加する(9)

安全性の低いアプリの許可をオンにする

Thunderbird でメールアドレスを追加した時に「サーバーにログインできません。ユーザー名やパスワード、設定が間違っていないか確認してください。」と表示された場合には、 Google アカウントの設定で「安全性の低いアプリの許可」をオンにする必要があります。

安全性の低いアプリの許可をオンにする(1)

対象の Gmail のメールアドレスを使って Google アカウントにログインしたあと、画面右上に表示されているプロフィール画像をクリックし、表示された画面の中の「Googleアカウントを管理」をクリックしてください。

安全性の低いアプリの許可をオンにする(2)

「Googlaアカウント」の画面が表示されます。

安全性の低いアプリの許可をオンにする(3)

画面左側の「セキュリティ」をクリックしてください。

安全性の低いアプリの許可をオンにする(4)

「セキュリティ」の画面が表示されます。

安全性の低いアプリの許可をオンにする(5)

デフォルトの設定では「安全性の低いアプリへのアクセス」が「オフ」になっています。「アクセスを有効にする(非推奨)」をクリックしてください。

安全性の低いアプリの許可をオンにする(6)

次の画面で「安全性の低いアプリの許可」の右側に表示されているスライドをクリックして「有効」にしてください。

安全性の低いアプリの許可をオンにする(7)

これで設定は完了です。

アカウントを削除する

Thunderbird に追加したアカウントを削除する方法です。 Thunderbird の画面で画面右上に表示されているメニューアイコンをクリックしてください。

アカウントを削除する(1)

表示されたメニューの中から「アカウント設定」をクリックしてください。

アカウントを削除する(2)

「アカウント設定」画面が表示されます。

アカウントを削除する(3)

画面左下に表示されている「アカウント操作」をクリックしてください。

アカウントを削除する(4)

表示されたメニューの中から「アカウントを削除」をクリックしてください。

アカウントを削除する(5)

確認ダイアログが表示されます。アカウントを削除する場合は「削除」をクリックしてください。なお「メッセージデータを削除」にチェックを行うと、対象のアカウントに関連してローカル環境に保存されているメールのデータも併せて削除されます。

アカウントを削除する(6)

なお「詳細情報」をクリックするとどのようなデータが削除されるのかより詳しい情報が表示されます。今回は「メッセージデータを削除」にチェックをした上で「削除」をクリックしました。

アカウントを削除する(7)

アカウントの削除が完了しました。

アカウントを削除する(8)

アカウントを削除する(9)

-- --

Thunderbird のインストール方法および POP3 や IMAP4 を使用するアカウントを追加して Gmail で受信したメールを閲覧する方法について解説しました。

<< 2021年6月のアーカイブ >>

( Written by Tatsuo Ikura )

Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。