ファイル構成とXAMPPコントロールパネルの起動

広告

XAMPPのインストールが完了しましたので実際にどのようなファイルがインストールされたのかを確認します。また合わせてXAMPPコントロールパネルを起動する方法についても確認します。

1.ファイル構成
2.XAMPPコントロールパネルの起動

ファイル構成

まずXAMPPをインストールしたディレクトリを見てください。私の場合は「c:\xampp」にインストールしています。

p3-1

「apache」や「mysql」などアプリケーション毎にディレクトリが用意されているようです(mysqlの中は実際にはMariaDBです)。例として「apache」のディレクトリの中を見てみるとApacheの利用に必要なファイルやディレクトリが含まれています。

p3-2

XAMPPコントロールパネルの起動

XAMPPでインストールした各アプリケーションはXAMPPコントロールパネルから制御します。コントロールパネルを起動する場合は、XAMPPをインストールしたディレクトリに含まれている「xampp-control.exe」ファイルをダブルクリックして起動します。

p3-3

XAMPPコントロールパネルが起動します。

p3-4

XAMPPコントロールパネルを終了する場合は「Quit」ボタンを押して下さい。

p3-5

-- --

なおXAMPPコントロールパネルの起動はデスクトップ左下にあるスタートメニューをクリックし、表示されたアプリ一覧の中の「XAMPP」の中にある「XAMPP Control Panel」をクリックしても起動することができます。

p3-6

どちらの方法でも同じですので使いやすい方法を使用されてみて下さい。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。