ブロックタイプを変更する

広告
eyecatch

ブロックエディタ( Gutenberg )では追加したブロックをあとから別のブロックタイプに変更することができます。ただしどのブロックタイプにでも変更できるわけではありません。例えば「段落」ブロックは「見出し」ブロックや「整形済みテキスト」ブロックに変更ができますが、「メディアと文章」ブロックには変更できません。ここではブロックエディタで追加したブロックを別のブロックタイプに変更する方法について解説します。

ブロックタイプを変更する

追加したブロックを別のブロックタイプに変更する手順です。次のような「段落」ブロックが 2 つ追加されている記事で試してみます。

ブロックタイプを変更する(1)

最初の段落を選択したあと、左上の「ブロックタイプまたはスタイルを変更」アイコンをクリックしてください。

ブロックタイプを変更する(2)

現在選択しているブロックのタイプから変更可能なブロックタイプの一覧が表示されます。

ブロックタイプを変更する(3)

「段落」ブロックから変更可能なブロックタイプは「引用」「見出し」「リスト」「グループ」「整形済みテキスト」「詩」の 6 つです。

今回は「見出し」ブロックに変換してみます。「見出し」をクリックしてください。

ブロックタイプを変更する(4)

「段落」ブロックが「見出し」ブロックに変換されました。

ブロックタイプを変更する(5)

このように一度追加したブロックをあとから別のブロックタイプのブロックに変更が可能です。例えば「段落」ブロックでどんどんテキストを入力しておいて、あとから「見出し」ブロックや「整形済みテキスト」ブロックに変換して調整するといったこともできます。

ただし変換できるブロックタイプは限られています。「段落」ブロックから変換できるのは先ほど記述した 6 つのブロックタイプですし、「見出し」ブロックの場合は変更できるブロックタイプは「段落」「引用」「グループ」の 3 つだけです。

ブロックタイプを変更する(6)

どのブロックタイプからどのブロックタイプへ変換できるのかについては次の変換できるブロックタイプの一覧をご覧ください。

変換できるブロックタイプの一覧

どのブロックタイプからどのブロックタイプへ変換できるのかについては次の表を参照されてください( 2020 年 6 月現在)。

元のブロックタイプ変換できるブロックタイプ
段落グループ見出し引用リスト整形済みテキスト
ギャラリーグループ画像
画像グループギャラリーメディアと文章カバーファイル
見出しグループ段落引用
リスト グループ段落引用
引用グループ段落リスト見出しプルクオート
音声グループファイル
カバーグループ画像動画
ファイルグループ
動画グループカバーファイルメディアと文章
カスタムHTMLグループ
コードグループ整形済みテキスト
クラシックグループ
整形済みテキストグループ段落
プルクオートグループ引用
グループ
グループ段落
ページ区切りグループ
カラムグループ
ボタン(なし)
グループ(なし)
メディアと文章グループ画像動画
続きを読むグループ
区切りグループ
スペーサーグループ
ショートコードグループ
アーカイブグループ
カレンダーグループ
カテゴリーグループ
最新のコメントグループ
最新の記事グループ
RSSグループ
検索グループ
ソーシャルアイコン(なし)
タグクラウドグループ

-- --

ブロックエディタで追加したブロックを別のブロックタイプに変更する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。