文字コードの設定(CHCP)

広告
eyecatch

コマンドプロンプトで使用される文字コードを設定することができる CHCP コマンドの使い方について解説します。

CHCPコマンドの使い方

CHCP コマンドを実行するとコマンドプロンプトで使用される文字コードを変更できます。書式は次の通りです。

CHCP [nnn]

CHCP コマンドの引数には文字コードを表すコードページ番号を指定します。

指定可能なコードページ番号はマイクロソフトのホームページにて参照が可能です。

Code Page Identifiers

CHCPコマンドの使い方(1)

比較的よく利用されるものは次の通りです。

Identifier.NET NameAdditional information
932shift_jisANSI/OEM Japanese; Japanese (Shift-JIS)
20127us-asciiUS-ASCII (7-bit)
51932euc-jpEUC Japanese
65001utf-8Unicode (UTF-8)

現在の文字コードを確認する

コマンドプロンプトで現在設定されている文字コードを確認するには引数なしで次のように実行してください。

chcp

CHCP コマンドを実行すると現在の文字コードが表示されます。

現在の文字コードを確認する(2)

コマンドプロンプトのデフォルトの文字コードは Shift_JIS でした。

文字コードを変更する

例えばコマンドプロンプトで使用する文字コードを UTF-8 に変更するには次のように実行してください。

chcp 65001

コマンドプロンプトで使用する文字コードが UTF-8 に変更されました。

文字コードを変更する(1)

文字コードを変更する(2)

では確認してみます。次の2つのテキストファイルを用意し、それぞれ文字コートとして Shift_JIS と UTF-8 で保存しました。

文字コードを変更する(3)

現在コマンドプロンプトの文字コードを UTF-8 に設定しているので、UTF-8 で保存されたファイルを TYPE コマンドを使って画面に表示すると正常に表示されます。

文字コードを変更する(4)

次に Shift_JIS で保存されたファイルを TYPE コマンドを使って画面に表示すると文字化けして表示されます。

文字コードを変更する(5)

では CHCP コマンドを次のように実行してコマンドプロンプトで使用する文字コードを Shift_JIS に変更します。

chcp 932

コマンドプロンプトで使用する文字コードが Shift_JIS に変更されました。

文字コードを変更する(6)

現在コマンドプロンプトの文字コードを Shift_JIS に設定しているので、UTF-8 で保存されたファイルを TYPE コマンドを使って画面に表示すると文字化けして表示されます。

文字コードを変更する(7)

次に Shift_JIS で保存されたファイルを TYPE コマンドを使って画面に表示すると正常に表示されます。

文字コードを変更する(8)

-- --

CHCP コマンドを使ってlコマンドプロンプトで使用される文字コードを変更する方法について解説しました。

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。