文字コードの設定(CHCP)

広告

コマンドプロンプトではバッチファイルの実行やファイルの操作などの他に様々なアプリケーションの入力や出力などにも使われます。その時に表示される文字コードを変更することが可能です。

文字コードを変更するにはchcpコマンドを使用します。

chcp コードページ番号

指定する値はコードページ番号と呼ばれるもので正確には文字コードとは異なります。指定可能なコードページ番号はマイクロソフトのホームページにて参照が可能です。

Code Page Identifiers

数多くの文字コードが定義されていますが、比較的よく利用されるものは次の通りです。

437      IBM437        OEM United States
932      shift_jis     ANSI/OEM Japanese; Japanese (Shift-JIS)
1200     utf-16        Unicode UTF-16, little endian byte order (BMP of ISO 10646);
                       available only to managed applications
20127    us-ascii      US-ASCII (7-bit)
20932    EUC-JP        Japanese (JIS 0208-1990 and 0121-1990)
50220    iso-2022-jp   ISO 2022 Japanese with no halfwidth Katakana;
                       Japanese (JIS)
50222    iso-2022-jp   ISO 2022 Japanese JIS X 0201-1989;
                       Japanese (JIS-Allow 1 byte Kana - SO/SI)
51932    euc-jp        EUC Japanese
65001    utf-8         Unicode (UTF-8)

文字コードをUTF-8へ変更する場合は次のように入力します。

chcp 65001

コードページ番号を指定せずにchcpコマンドを実行すると現在設定されているコードページ番号を表示します。

chcp

なお、デフォルトのコードページ番号は「932」です。

UTF-8などに変更した時に日本語表示が文字化けすることがあります。これはUTF-8に変更した時に日本語表示が可能なフォントが選択されていないためですが、日本語フォントを設定する方法が現時点で分かっていません。

またWindowsではバッチファイルとして「jp.bat」及び「us.bat」が用意されています。「jp.bat」を実行すると「chcp 932」が実行され、「us.bat」を実行すると「chcp 437」が実行されます。

サンプル

では実際に試してみます。デフォルトのコードページ番号は次の通りです。

文字コードの設定(CHCP)

「chcp 65001」を入力して文字コードをUTF-8へ変更します。

文字コードの設定(CHCP)

※この時、なぜかウィンドウのサイズも変更されます。

「chcp 932」を入力して文字コードをデフォルトのShift_JISへ戻します。

文字コードの設定(CHCP)

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )