[個人]AdSense(YouTube)の米国税務情報を提出する手順を徹底解説

AdSense(2021年5月時点では YouTube からの収益がある方のみ対象)からの収益がある方は米国税務情報の提出が必要となりました。 2021 年 6 月から米国在住の利用者から発生した収益については米国で源泉徴収が行われることになったためで、日本で収益に対する納税をされている場合に日米で重複で税金を納めなくてもいいように書類を提出します。この記事では日本在住で個人の方を対象として AdSense(YouTube) の米国税務情報を提出する手順について分かりやすく解説します。

※ 2021 年 6 月の時点では YouTube に掲載された広告からの収益のみが源泉徴収の対象です。ブログなどに掲載した AdSense の広告からの収益だけの場合は提出は必要ありません。(今後変更となる可能性はあります)。

※ 法人向けの提出方法は「[法人]AdSense(YouTube)の米国税務情報を提出する手順を徹底解説」を参照されてください。

(2021 年 05 月 30 日公開 / 2021 年 05 月 30 日更新)

米国税務情報を提出する(個人)

AdSense の管理画面にログインし、画面左側に表示されている「お支払い」メニューをクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(1)

「お支払い」画面が表示されたら「設定」ブロックの中にある「設定を管理する」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(2)

米国税務情報を提出する(個人)(3)

「設定」画面が表示されます。

米国税務情報を提出する(個人)(4)

米国税務情報の作成を行う前に、現在 AdSense に登録されている住所や氏名を確認しておきます。「お支払いプロファイル」ブロックの中にある「名前と住所」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(5)

現在登録されている情報が展開されて表示されます。住所および氏名が間違っていないか確認してください。(氏名についてはアルファベットで記載されていないと「氏名とアカウント名が一致しない」というエラーが発生するという情報もあったため、アルファベットの表記に変更しておきました)。

米国税務情報を提出する(個人)(6)

それでは米国税務情報の作成を行います。なおこれ以降でご紹介しているのは私の環境に合わせて作成したものです。作成される方の状況に合わせて適切に変更してください。不明な点については専門家の方にご相談されることをお勧めします。また個人の場合はマイナンバーが必要となりますので、あらかじめ用意されておいてください。

「お支払いプロファイル」ブロックの中にある「アメリカ合衆国の税務情報」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(7)

「税務情報の管理」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(8)

「税務情報の管理」画面が表示されます。「税務情報の追加」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(9)

本人確認のために、 AdSense で使用している Google アカウントのパスワードを入力してください。「米国の税務情報」の画面が表示されます。

「口座の種類は何ですか?」に対して「個人」または「非個人/事業体」のどちらかを選択します。今回は「個人」を選択しました。終わりましたら「次へ」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(10)

「米国民であるか、米国に居住していますか?」に対して「はい」または「いいえ」のどちらかを選択します。今回は「いいえ」を選択しました。終わりましたら「次へ」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(11)

「W-8 納税申告用紙タイプを選択」を行います。「W-8BEN」または「W-8ECI」のどちらかを選択します。「W-88EN」は「米国外の個人が最もよく使用するフォームです。また、租税条約の恩典を申し立てる際にも使用します」と記載されており、「W-8ECI」は「米国の取引または事業に関連する所得がある米国外の事業体または個人が、米国の所得税申告書を提出する際に最もよく使用するフォームです」と記載があります。

今回は日本在住(米国外)の個人ですので「W-8BEN」を選択しました。終わりましたら「W-8BENフォームの記入を開始する」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(12)

W-8BEN 納税フォームの記入

W-8BEN 納税フォームの記入を行います。

米国税務情報を提出する(個人)(13)

最初に (1)納税者番号 の情報を入力します。「個人名」「市民権のある国/地域」「外国のTIN」を入力します。「個人名」はアルファベットで入力してください。「市民権のある国/地域」は日本を選択します。「外国のTIN」にはマイナンバーを入力してください。入力が終わりましたら「次へ」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(14)

次に (2)住所 の情報を入力します。「お住まいの国や地域」は日本を選択し、「郵便番号」はハイフンをいれずに数値だけを入力してください。「都道府県」は都道府県を選択してください。それ以降の住所については英語で入力が必要です。

米国税務情報を提出する(個人)(15)

現住所と書類などを受け取る住所が同じ場合は「送付先住所は定住所と同じである」にチェックをしてください。異なる場合は受け取る住所の情報を入力してください。入力が終わりましたら「次へ」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(16)

次に (3)租税条約 についてです。「租税条約下で源泉徴収に適用される軽減税率の請求を行っていますか?」に対して「いいえ」または「はい」を選択します。日本在住の場合は「米国との租税条約の適用のある国 / 地域の居住者」に該当しますので「はい」を選択したあとで「日本」を選択してください。

米国税務情報を提出する(個人)(17)

「特別な料率や条件」については各項目にチェックを行ったあとで、「条項と段落」についてはサービスについては「第7条第1項」、それ以外については「第12条第1項」を選択し、源泉徴収率については「0% (軽減税率)」を選択します。また「条約の規定を満たしている理由」のチェックをしてください。入力が終わりましたら「次へ」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(18)

次に (4)書類のプレビュー にです。ここまで入力した内容に従って「書類のプレビュー」が作成されます。内容が間違いないか確認したあとで「作成された税務書類を確認したうえで、私が知る限り、その内容が真実で正しく、完全であることを誓約します。」にチェックをしてください。終わりましたら「次へ」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(19)

次に (5)納税証明 についてです。表示されている内容をよく読んで頂き、「戸籍上の姓名」の箇所に氏名をアルファベットで入力してください。そのあとで「はい、私は署名欄に記された人物本人であり、自分自身のためにこのフォームに記入しています」を選択してください。終わりましたら「次へ」をクリックしてください。

米国税務情報を提出する(個人)(20)

次に (6)米国内で行っている活動とサービス、および宣誓供述書 についてです。「米国内で行っている活動とサービス」については「納税者番号 セクションに記されている個人または事業体は、これまでに米国内で Google を対象にした活動やサービスを行ったことがありますか?」と記載されており、今回は「いいえ」です。表示されたチェックボックスにもチェックを行ってください。

米国税務情報を提出する(個人)(21)

「税務上の地位の変更に関する宣誓供述書」については「税務情報を提出するのは、お支払いを受け取ったことがない新規または既存のお支払いプロファイルですか?それとも過去にお支払いを受け取ったことがある既存のお支払いプロファイルですか?」と記載されており、今まで YouTube で収益を受け取ったことがない場合は「お支払いを受け取ったことがない新規または既存のお支払いプロファイルの税務情報を提出します」、 YouTube で収益を受け取ったことがある場合は「過去にお支払いを受け取ったことがある既存のお支払いプロファイルの税務情報を提出します」を選択してください。

今回は YouTube の収益が対象で、過去に収益を受け取ったことはないので「お支払いを受け取ったことがない新規または既存のお支払いプロファイルの税務情報を提出します」を選択しました。ご自身の状況に合わせて選択されてください。

米国税務情報を提出する(個人)(22)

選択が終わりましたら「送信」をクリックしてください。提出した税務情報が表示されます。

米国税務情報を提出する(個人)(23)

また次のようなメールが届きました。

米国税務情報を提出する(個人)(24)

これで米国税務情報の提出は完了です。

参考資料

AdSense の米国税務情報に関する公式ヘルプは次のとおりです。

Google への米国の税務情報の提出 - YouTube ヘルプ

参考資料(1)

また不明な点やエラーなどが発生した場合には AdSense の公式コミュニティーでご相談されてみてください。

Google AdSense コミュニティ

参考資料(2)

-- --

日本在住で個人の方を対象として AdSense(YouTube) の米国税務情報を提出する手順について分かりやすく解説しました。

<< 2021年5月のアーカイブ >>

( Written by Tatsuo Ikura )

Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。