エラーログに記録されるレベルの設定(LogLevel)

広告

エラーログにはどのレベルまでのエラーを記録するかを8段階で指定することが可能です。指定するには「LogLevel」に設定します。

LogLevel 記録するレベル

設定可能なレベルは以下の通りです。

レベル意味
emergサーバが稼動できないほどの重大なエラー
alertcritよりも重大なエラー
crit重大なエラー
errorエラー
warn警告
notice通知メッセージ
infoサーバ情報
debugデバック用の情報

レベルは上から順番に重大なレベルとなり、例えば「error」を設定した場合には「error」より上の「crit」「alert」「emerg」のエラーも全て記録されます。

より下のレベルに設定しておけば、多くの情報をログに残すことができますが、それだけログサイズが大きくなりますので必要に応じて設定を変更します。デフォルトでは「warn」に設定されています。

「httpd.conf」ファイルで「LogLevel」で検索して下さい。デフォルトでは235行目付近に記述が行われています。

#
# LogLevel: Control the number of messages logged to the error_log.
# Possible values include: debug, info, notice, warn, error, crit,
# alert, emerg.
#
LogLevel warn

変更する場合には「warn」の箇所を他のレベルの値に変更して下さい。

Apache入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)