phpinfoによる設定の確認とphp.iniファイルの位置

広告

XAMPPをインストールした時点で既にPHPも利用可能となっています。PHPでは設定内容を確認するためのphpinfo関数が用意されていますが、XAMPPではphpinfo関数を使って現在の設定内容を確認するためのページが用意されています。ここでは現在の設定内容を確認する方法、そしてPHPで設定変更を行うためのphp.iniファイルの場所を確認します。

1.phpinfo関数を使って設定確認
2.php.iniファイルの位置

それではApacheが起動された状態でブラウザから「http://localhost/」へアクセスして下さい。

p1-1

画面上部のメニューの中にある「PHPInfo」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p1-2

PHPに関して現在の設定内容が表示されます。

p1-3

今後PHPの設定ファイルであるphp.iniファイルの設定を変更した後などで、ここで表示される内容を見ることで変更内容が反映されているかどうかを確認したりすることができます。

PHPで記述されたスクリプトが含まれるHTMLページをApacheなどに設置して公開する場合、Apacheは起動時にphp.iniファイルと呼ばれる設定ファイルを読み込みPHPに関する設定を行います。

Apacheが読み込むphp.iniファイルの場所の指定については「PHPに関するApacheの設定」の「PHPINIDir」の箇所を参照して下さい。

では現在どの位置にあるphp.iniファイルを読み込んでいるかを確認します。先ほどのphpinfo関数によって表示された設定内容を見て下さい。「Loaded Configuration File」と書かれた行が見つかります。

p1-4

Loaded Configuration File  C:\xampp\php\php.ini

「Loaded Configuration File」の行に記載されている php.ini ファイルが現在読み込まれている設定ファイルとなります。デフォルトでは「(XAMPPをインストールしたディレクトリ)\php\php.ini」となっているかと思います。

ファイルを確認してみます。

p1-5

php.ini ファイルはテキストファイルですのでテキストエディタで開いたり編集したりすることができます。次のページでは php.ini ファイルの設定を書き換え、PHPに関する設定を変更する方法について解説します。

( Written by Tatsuo Ikura )