設定ファイル(http.conf他)の場所

広告

Apacheの設定ファイルは http.conf ファイル及びその他のファイルです。ここではApacheの設定ファイルが置かれている場所を確認しておきます。

1.設定ファイルの位置
2.XAMPPコントロールパネルから設定ファイルを開く

設定ファイルの位置

Apacheに関するファイルは「(XAMPPインストールディレクトリ)\apache\」ディレクトリに含まれています。

p1-1

「http.conf」ファイルは「conf」ディレクトリの中に含まれています。

p1-2

以前のバージョンでは全ての設定をhttp.confファイルに記述していましたがApache2.2系からはいくつかの設定内容については別ファイルに分離し、必要に応じて「httpd.conf」に読み込むようになりました。詳細設定ファイルは「conf\extra」ディレクトリの中に含まれています。

p1-3

各設定ファイルはテキストファイルですのでテキストエディタで開いたり編集したりすることができます。下記は「http.conf」ファイルをテキストエディタで開いたところです。

p1-4

XAMPPコントロールパネルから設定ファイルを開く

設定ファイルはXAMPPコントロールパネルからも開くことができます。XAMPPコントロールパネルを起動し、Apacheのところにある「Config」ボタンをクリックして下さい。

p1-5

Apacheに関連する設定ファイルの一覧が表示されます。今回はこの中から「Apache(http.conf)」をクリックしてみます。

p1-6

「http.conf」ファイルが自動的にテキストエディタで開きました。これは手動で設定ファイルを開いた場合と同じです。

p1-7

このようにXAMPPコントロールパネルを使用することで、関連する設定ファイルを簡単に開くことができます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)