権限グループ(管理者/編集者/投稿者/寄稿者/購読者)毎にどのようなことができるのか

広告

ユーザーは「管理者」「編集者」「投稿者」「寄稿者」「購読者」の5つの権限から1つ設定します。ここではそれぞれの権限が設定されたユーザーで管理画面にログインし、実際にどのようなことができるのかについて確認します。

1.購読者ユーザー
2.寄稿者ユーザー
3.投稿者ユーザー
4.編集者ユーザー
5.管理者ユーザー

「購読者」の権限が設定されたユーザーでログインしてみます。

p5-1

「購読者」のユーザーは「プロフィール」メニューしか利用できません。このユーザーを作成するのは、記事に対してユーザーのみコメントできる設定にした場合に、コメントは投稿したいけれど他のことは不要なユーザーを作成したい場合のためなどに作成します。

※ コメントに関しては「コメント管理」をご参照下さい。

「寄稿者」の権限が設定されたユーザーでログインしてみます。

p5-2

「寄稿者」は記事の投稿を行なうことができます。ただ記事は「公開」ではなく「レビュー待ちとして送信」としてしか投稿できません。また「メディア」が利用できないため画像などは利用できません。「レビュー待ち」の記事は「編集者」または「管理者」の承認が必要となります。

p5-3

記事をレビュー待ちの状態で投稿後、記事一覧を見ると「レビュー待ち」と表示されています。

p5-4

自分が投稿した記事の編集や削除も可能です。

p5-5

また「すべて」タブをクリックすることで他のユーザーが投稿した記事を見ることもできます(編集や削除はできません)。

p5-6

「投稿者」の権限が設定されたユーザーでログインしてみます。

p5-7

「投稿者」は記事を自分で「公開」することができます。また「メディア」が利用できるので画像を利用することもできます。

p5-8

自分が投稿した記事は編集したり削除することができますが、「寄稿者」と同じく他のユーザーが投稿した記事を編集したり削除したりする権限はありません。また「レビュー待ち」の記事を承認することもできません。

p5-9

「投稿者」は「寄稿者」と似ていますが自分が書いた記事を公開する権限を持つている点が大きく違います。

「編集者」の権限が設定されたユーザーでログインしてみます。

p5-10

記事の投稿などの他にカテゴリやタグの作成、固定ページの作成なども可能です。

p5-11

他のユーザーが作成した記事の編集や削除も行えます。

p5-12

「寄稿者」が投稿したレビュー待ちの記事を公開する権限があります。

p5-13

p5-14

記事の投稿などに関してはほぼ全ての権限があります。ただWordPressの基本設定やテーマ・ウィジェットの設定、ユーザーの管理などブログの管理そのものついては権限はありません。

最後に「管理者」の権限が設定されたユーザーでログインしてみます。

p5-15

「管理者」は全ての権限があります。

WordPressの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )