エックスサーバーにWordPressをインストール(自動インストール)

広告

レンタルサーバの一つであるエックスサーバーにWordPressをインストールする手順について解説します。今回は手軽にインストールが行える自動インストールを使った方法について解説します。

2018年5月現在、エックスサーバーでWordPressを自動インストールする場合、WordPressのバージョンは4.9となるようです。「WordPress推奨構成とデータベースの作成」でも解説したように、WordPressを動作させるために推奨される構成は次のようになっています。

PHP 7.2 or greater
MySQL 5.6 or greater OR MariaDB 10.0 or greater
Nginx or Apache with mod_rewrite module
HTTPS support

エックスサーバーではMySQLのバージョンは選択できませんがPHPについては選択ができますので、最初に現在設定されているPHPのバージョンを確認し、必要であれば変更を行ってみます。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインして下さい。

p7-1

「ホームページ」のブロックにある「PHP Ver.切替」をクリックして下さい。

p7-2

PHPのバージョンは、ドメイン毎に選択することが可能です。今回WordPressで利用しようとしているドメインの右側に表示されている「選択する」をクリックして下さい。

p7-3

PHPのバージョンを切り替える画面が表示されます。このドメインに現在設定されているPHPのバージョンは PHP 7.0.18 です。

p7-4

変更可能なバージョンを確認してみると推奨ではありませんが PHP 7.2.1 がありましたので今回は PHP 7.2.1 に変更してみます。ドロップダウンメニューの中の PHP 7.2.1 をクリックして下さい。

p7-5

PHPのバージョンの選択が終わりましたら「PHPバージョン切替(確認)」をクリックして下さい。

p7-6

確認画面が表示されます。変更してよろしければ「PHPバージョン切替(確定)」をクリックして下さい。

p7-7

PHPのバージョンの切り替えが完了しました。

p7-8

エックスサーバーでは使用するMySQLのバージョンを変更することはできませんが、MySQLのバージョンも一応確認しておきます。エックスサーバーのサーバーパネルを表示して下さい。

p7-9

「データベース」のブロックにある「MySQL設定」をクリックして下さい。

p7-10

「MySQL設定」画面が表示されます。MySQLは MySQL 5.7 が使用されるようです。

p7-11

WordPressで使用するデータベースやユーザーをこの画面であらかじめ作っておくこともできますが、自動インストールの場合は全て自動で行ってくれますので今回は特に何もする必要はありません。

それではWordPressをインストールしてみます。エックスサーバーのサーバーパネルを表示して下さい。

p7-12

「ホームページ」のブロックにある「自動インストール」をクリックして下さい。

p7-13

ドメインの選択画面が表示されます。今回WordPressで利用しようとしているドメインの右側に表示されている「選択する」をクリックして下さい。

p7-14

「プログラムのインストール」タブをクリックして下さい。

p7-15

インストールするプログラムを選択します。「WordPress日本語版」のところにある「インストール設定」をクリックして下さい。

p7-16

WordPressを自動インストールする画面が表示されます。

p7-17

インストールするURLにはWordPressをどのようなURLで公開するのかを設定します。最初に「www付き」かどうかを選択し、その後でディレクトリを入力します。例えば「http://www.example.com/blog/」のようなURLで公開する場合は「blog」と入力して下さい。

p7-18

ディレクトリは無しで「http://www.example.com/」のようなURLで公開する場合はディレクトリのところは空欄にして下さい。今回は空欄としました。

p7-19

次に「ブログ名」「ユーザ名」「パスワード」「メールアドレス」をそれぞれ入力して下さい。ブログ名はあとから変更することができます。ユーザー名とパスワードは、WoredPRessにログインする時に使用するユーザー名とパスワードです。

p7-20

最後にデータベースです。あらかじめデータベース作っておき利用することもできますが、今回はデータベースの作成も自動で行うようにします。「自動でデータベースを生成する」を選択して下さい。

p7-21

設定が終わりましたら「インストール(確認)」をクリックして下さい。

p7-22

確認画面が表示されます。この内容でインストールしてよろしければ「インストール(確定)」をクリックして下さい。

p7-23

WordPressのインストールが完了しました。必要な情報が画面に表示されていますのでメモしておいて下さい。

p7-24

作成したWordPressのブログで記事を投稿したりレイアウトを変更したりするにはWordPressへログインする必要があります。自分のブログのログイン画面は先ほどのWordPressのインストールが完了した画面に次のように表示されています。またログイン用のユーザー名とパスワードも同じ画面に表示されています。

p7-25

表示されているURLをクリックするか、またはブラウザからURLへアクセスして下さい。WordPressのログイン画面が表示されます。

p7-26

ユーザー名とパスワードを入力し「ログイン」をクリックして下さい。

p7-27

WordPressにログインすることができました。

p7-28

また作成されたブログを表示するには画面左上に表示されているブログ名をクリックし、表示されたメニューの中から「サイトを表示」をクリックして下さい。

p7-29

ブログが表示されます。

p7-30

-- --

レンタルサーバーであるエックスサーバでWordPressを自動インストールする手順について解説しました。

WordPressの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)