リスト(番号なしリスト/番号付きリスト)と引用を設定する

広告

ビジュアルエディタを使って記事の本文を作成する場合に、複数の文章に対して番号なしリストや番号付きリストを設定したり、他から引用した部分を表す引用を設定する方法について解説します。

「番号なしリスト」は番号が付かないリストを作成する時に使用します。

p7-1

リストとして表示したい複数の文章を選択した上で「番号なしリスト」をクリックすると、選択していた複数の文章が箇条書きとして表示されます。

p7-2

p7-3

テキストエディタで次のように記述した場合と同じです。

<ul>
<li>沖縄の水族館</li>
<li>北海道で乗馬</li>
</ul>

「番号付きリスト」は番号が自動で付けられるリストを作成する時に使用します。

p7-4

リストとして表示したい複数の文章を選択した上で「番号付きリスト」をクリックすると、選択していた複数の文章が番号付きリストとして表示されます。

p7-5

p7-6

テキストエディタで次のように記述した場合と同じです。

<ol>
<li>沖縄の水族館</li>
<li>北海道で乗馬</li>
</ol>

次は引用です。他から文章などを引用した場合に引用した部分がどこなのかを明示的に表示する場合に使用します。

p7-7

引用として表示したい文章のいずれかの場所にカーソルを置いたあとで、「引用」をクリックして下さい。文章が引用として表示されます。(引用された部分の表示がちょっと分かりにくいようです)。

p7-8

p7-9

テキストエディタで次のように記述した場合と同じです。

<blockquote>この場所は周りの (途中略) てみて下さい。</blockquote>

-- --

ビジュアルエディタのツールバーの中で番号なしリスト、番号付きリスト、引用に関する使い方について解説しました。

WordPressの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)