コメントを受け付けるかどうかの設定

広告

記事や固定ページに対してコメントを受け付けるかどうかを設定することができます。設定はブログ全体のデフォルトとしての設定を行った上で、必要であれば記事毎に個別にデフォルトとは異なる設定ができます。ここではコメントを受け付けるかどうかの設定方法について解説します。

1.ブログ全体のコメント設定
2.記事毎のコメント設定
3.コメントが既に投稿されている記事でコメントを受け付けない設定に変更した場合

ブログ全体のコメント設定

まずはブログ全体の設定を行います。コメントを受け付けない設定にした場合、記事毎に個別に受け付けるように設定しなかった場合はデフォルトでコントを受け付けなくなります。設定を行うには管理画面の「設定」メニューの中にある「ディスカッション」メニューをクリックして下さい。

p2-1

「ディスカッション設定」画面が表示されます。

p2-2

コメントを受け付けるかどうかに関するブログ全体での設定は、「投稿のデフォルト設定」のブロックにある「新しい投稿へのコメントを許可する」にチェックを行なうかどうかで行います。

p2-3

「新しい投稿へのコメントを許可する」にチェックが入っていればデフォルトの設定はコメントを受け付ける設定になります。チェックを外した場合はデフォルトの設定はコメントを受け付けない設定になります。特に設定をしていなければチェックが入っているためコメントを受け付ける設定となります。

設定を変更した場合、設定を変更した以降に作成された記事にしか適用されません。例えばこれまでに作成した記事がコメントを受け付ける設定になっていた場合、後からブログ全体の設定をコメントを受け付けないよう変更したとしてもこれまでに投稿された記事のコメントに関する設定は変更されませんのでご注意下さい。

ではチェックを外し、コメントを受け付けない設定にしてみます。

p2-4

設定変更を行なった場合は画面左下にある「変更を保存」ボタンをクリックして変更内容を反映させて下さい。

p2-5

-- --

コメントに関する設定が変更されたのかどうか確認してみます。ブログ全体の設定としてコメントを受け付けない設定に変更後に新しい記事を作成してみます。

p2-6

記事を公開した後でブログを表示してみます。

p2-7

設定を変更する前に公開されていた記事には以前と同じように「コメント」と表示されており、実際にコメントを投稿することもできます。

p2-8

設定を変更した後に公開した先ほどの記事には「コメント」の表示が無くコメントを投稿することができません。

p2-9

このようにコメントを受け付けない設定にした場合は、個々の記事でコメントを受け付けるように設定しない限りはコメントを投稿できなくなります。ただコメントを受け付けるかどうかの設定は過去の投稿には影響を与えませんのでコメントを受け付けない設定にしても設定するより前に公開されていた記事はそのままコメントが投稿できます(元々投稿できるようになっていた場合だけです)。

記事毎のコメント設定

「ディスカッション」の画面で行った設定は特に個々の記事でコメントに関する設定を行わない場合に適用されるデフォルトの設定です。ディスカッションの設定に関わらず個々の記事でコメントを受け付けたり受け付けなかったり設定を行うとそちらが優先されます。

新しく作成する記事でコメントに関する設定を行うには、記事の新規作成画面で画面右上にある「表示オプション▼」と書かれた箇所をクリックして下さい。

p2-10

記事に関して設定可能な項目の表示・非表示を設定する画面が画面上部に表示されます。

p2-11

コメントに関する設定を行えるように「ディスカッション」にチェックを入れて下さい(既に入っていたらそのままで結構です)。

p2-12

これで設定が行わるようになりました。「表示オプション▲」をクリックして設定画面を閉じておいて下さい。

p2-13

本文の下に「ディスカッション」に関する設定を行うブロックが表示されます。記事毎のコメントに関する設定はここで行います。

p2-14

「コメントの投稿を許可する。」にチェックが入っている場合はコメントが投稿できます。またチェックが入っていなければコメントは投稿できません。

p2-15

特に設定をしない場合はコメントに関するデフォルトの設定が使用されます。その逆の設定を記事で行いたい場合は「コメントの投稿を許可する。」のところで設定を行って下さい。今回はコメントにチェックをしてみます。

p2-16

それでは記事を公開して下さい。

p2-17

ブログの画面で確認してみると、先ほど公開した記事に関してはコメントを受け付ける設定となっていることが確認できます。

p2-18

このようにブログ全体では新しい記事はコメントを受け付けない設定にしてあった場合でも、記事毎にコメントを利用でいるように設定することができます。また逆にブログ全体ではコメントを受け付ける設定になっていた場合でも、記事毎にコメントできないように設定できます。

コメントが既に投稿されている記事でコメントを受け付けない設定に変更した場合

記事の公開時はコメントを受け付ける設定になっていた記事を、あとからコメントできないように設定した場合にどうなるのかについて確認してみます。

次のようにコメントが2件投稿されている記事があります。この記事にはコメントがまだ投稿できるようになっていまs。

p2-19

p2-20

この記事の編集画面を表示して下さい。

p2-21

本文の下に表示されている「ディスカッション」のブロックで「コメントの投稿を許可する。」のチェックを外します。(ディスカッションのエリアが表示されていなかったら「記事毎のコメント設定」を参考に表示するように設定されて下さい)。

p2-22

「更新」ボタンをクリックして変更内容を更新して下さい。

p2-23

ブログを表示し、先ほどの記事を確認してみます。すると既に投稿されていたコメントはそのまま残っていますが、コメント欄があった場所に「コメントは受け付けていません。」と表示され新しいコメントは投稿できなくなっています。

p2-24

p2-25

このように後からコメントを受け付けない設定に変更しても、投稿済のコメントは削除されることはありません。コメントそのものを削除した場合は別途手動でコメントを削除する必要がありますのでご注意下さい。

WordPressの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)