Googleアナリティクスを導入する

広告

ブログを訪問してくれた利用者に関するアクセス解析を行えるツール「Googleアナリティクス」を導入する方法について解説します。アナリティクスはプラグインなどでも設定できますので既に導入している場合などは重ねて設定する必要はありません。Nishikiで用意されている機能を使って設定したい場合にだけ行って下さい。

トラッキングコードを取得する

Googleアナリティクスを導入するには、事前にアナリティクスにプロパティを追加しトラッキングコードを取得しておく必要があります。アナリティクスを初めて利用される方や、既に利用中で今回Nishikiをテーマとして利用したブログ用にプロパティを追加する方法については下記を参照して下さい。

Analyticsの導入

今回は次のようにNishikiをテーマとして利用したブログ用にプロパティを追加し、トラッキングコードを取得しました。

p6-1

今回取得したトラッキングコードは次のようなコードです。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXXXXXX-X"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-XXXXXXXXX-X');
</script>

事前準備はこれで完了です。

ヘッダー内のスクリプト設定画面でトラッキングコードを貼り付ける

それではWordPressにログインして下さい。

p6-2

事前に基本機能を提供するプログインをインストールしている必要があります。まだしていない場合は「基本機能のプラグインをインストールする」を参考にインストールを事前に行っておいて下さい。

画面左側の「Nishiki GB」メニューの中にある「スクリプト追加」メニューをクリックして下さい。

p6-3

「スクリプト追加」画面が表示されます。

p6-4

「ヘッダーにJavaScriptを追加」の右にあるテキストエリアにトラッキングコードを貼り付けて下さい。また「出力を有効にする」の右にある「有効化」チェックボックスにチェックをして下さい。最後に「変更を保存」をクリックして下さい。

p6-5

これでアナリティクスの導入は完了です。

WordPressの無料/有料テーマの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)