Simple 301 Redirectsプラグインの使い方

広告

Simple 301 Redirectsプラグインは元々存在していたURLが別のURLへ変更になった場合に301リダイレクトを設定することができるプラグインです。リダイレクト先は同じブログ内のURLでも他のブログやサイトのURLでも指定可能です。301リダイレクトの機能しかありませんが、それゆえ非常に簡単に設定することができます。ここではSimple 301 Redirectsプラグインのインストール方法と使い方について解説します。

Simple 301 Redirectsプラグインをインストールにするには「プラグインのインストールと有効化」プラグインのインストールと有効化」を参考に「プラグインのインストール」画面を表示し検索ボックスで「Simple 301 Redirects」と検索されて下さい。

p21-1

「Simple 301 Redirects」プラグインが表示されましたら「いますぐインストール」と書かれたリンクをクリックしてインストールして下さい。

p21-2

インストールが完了します。

p21-3

なおダウンロードしてインストールされたい場合は下記のURLからダウンロードできます。

p21-4

インストールが終わりましたらプラグインの有効化を行って下さい。利用するための準備はこれで完了です。

p21-5

元々公開していた記事を何らかの理由で別のURLで新しく公開した場合、元の記事のURLへ他のブログからリンクが貼ってあるなどの理由で既に存在しないURLへアクセスがある場合があります。このような場合は元の記事のURLから新しい記事のURLへリダイレクトを設定しておくと、以前の記事のURLへアクセスがあった場合に自動的に新しい記事のURLへ移動させることができます。

リダイレクトは同じブログ内の他の記事へ向けて設定することもできますし、ブログが別のブログに丸ごと変わった場合や独自ドメインを取得してURLが変更になった場合などはリダイレクト元とは異なるドメインのURLへリダイレクトされることもあります。

リダイレクトの中で301リダイレクトというのは恒久的にURLが移動した場合に使います。それに対して302リダイレクトというのは一時的にURLが移動した場合に使用されます。例えばはメンテナンス中なので一時的に別のページを表示させたいなどです。

301リダイレクトについては下記のGoogleウェブマスターツールのヘルプでも解説されていますので、ご興味のある方はご覧になってみて下さい。

301リダイレクトの設定を行うには、管理画面の「設定」メニューの中にある「301 Redirects」メニューをクリックして下さい。

p21-6

「Simple 301 Redirects」画面が表示されます。

p21-7

左側のテキストボックスにリダイレクト元のURLをWordPressのルートからの相対パスで指定して下さい。そして右側のテキストボックスにリダイレクト先のURLをWordPressのルートからの相対パスか他のサイトへリダイレクトする場合は絶対パスで指定して下さい。

今回は「http://www.egokorodiary.com/2016/02/17/mypastalist/」を「http://www.myfavshoplist.blogspot.jp/2016/02/blog-post.html」へ301リダイレクトしてみます。次のように入力しました。入力が終わりましたら「変更を保存」をクリックして下さい。

p21-8

リダイレクトが追加されました。

p21-9

----

それではリダイレクトが行われるかどうか試してみます。削除済みの記事へアクセスして下さい。

p21-10

301リダイレクトが設定されていますので、リダイレクト先URLのページが表示されます。

p21-11

リダイレクトの設定ではワイルドカード(*)を使用することができます。例えば次のようにディレクトリが変更になったけどディレクトリ以下の部分は同じであるような複数のURLをリダイレクトする場合はワイルドカードを使うと便利です。

/2016/02/page1/ --> /my/page1/
/2016/02/page2/ --> /my/page2/
/2016/02/page3/ --> /my/page3/
/2016/02/page4/ --> /my/page4/

ワイルドカードを使ってリダイレクトを設定した場合、次のように1行で記述することができます。

/2016/02/* --> /my/*

この場合、「/2016/02/page1/」にアクセスがあった場合は「/my/page1/」へ、「/2016/02/page4/」にアクセスがあった場合は「/my/page4/」へリダイレクトされます。

また特定のディレクトリが含まれるURLへのアクセスを全て特定のURLへリダイレクトさせることもできます。

/2016/02/* --> /my/sorry/

この場合、「/2016/02/page1/」や「/2016/02/page4/」にアクセスがあった場合は「/my/sorry/」へリダイレクトされます。

----

では実際に試してみます。次のようなリダイレクトを設定しました。またワイルドカードを使用する場合は「Use Wildcards?」にチェックを行って下さい。

p21-12

ではブラウザから次のようにアクセスしてみます。

p21-13

301リダイレクトが設定されていますので、リダイレクト先URLのページが表示されます。

p21-14

----

Simple 301 Redirectsプラグインの使い方について解説いたしました。このプラグインでは機能が301リダイレクトに限定されていますが、その分設定画面もシンプルで使いやすいですので301リダイレクトだけが目的の場合には利用されてみてはいかがでしょうか。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)