スタート画面に表示される「設定」「エクスプローラー」「ドキュメント」などの表示/非表示を切り替える

広告

Windows10ではデスクトップ左下にあるスタートボタンをクリックした時にスタート画面が表示されます。スタート画面の左側には「電源」の他に「設定」や「エクスプローラー」といったメニューが表示されていますが、この部分にはあらかじめ用意されたフォルダを開くメニューを表示するように設定することができます。ここではスタート画面に表示するフォルダを選択する手順について解説します。

それではスタートボタンをクリックして下さい。

p2-1

スタート画面が表示されます。

p2-2

スタート画面の左側には下から順に「電源」「設定」「エクスプローラー」の3つのメニューと現在ログインしているアカウントに関するメニューが表示されています。

p2-3

現在はアイコンだけで表示されていますが、画面左上の≡アイコンをクリックすると、各メニューのテキスト表示を行うこともできます。

p2-4

ここに表示されるメニューはあらかじめ用意されている10個の中から表示/非表示を設定することができます。設定を行うにはデスクトップ左下にあるスタートボタンを右クリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

p2-5

「Windowsの設定」画面が表示されます。

p2-6

「個人用設定」メニューをクリックして下さい。

p2-7

「個人用設定」画面が表示されます。左側のメニュー一覧の中から「スタート」をクリックして下さい。

p2-8

「スタート」に関連する設定項目が表示されます。

p2-9

下の方へスクロールすると「スタート画面に表示するフォルダ―を選ぶ」というリンクがありますのでクリックして下さい。

p2-10

「スタート画面に表示するフォルダ―を選ぶ」画面が表示されます。

p2-11

スタート画面で表示するように設定可能なフォルダーは「エクスプローラー」「設定」「ドキュメント」「ダウンロード」「ミュージック」「ピクチャ」「ビデオ」「ホームグループ」「ネットワーク」「個人用フォルダー」の10種類です。現在は「エクスプローラー」と「設定」の2つが表示されるようになっています。

表示させたいものがあればスライドボタンをクリックして下さい。「オフ」から「オン」に代わります。逆に表示しているものを非表示にしたい場合もスライドボタンをクリックして下さい。「オン」から「オフ」に代わります。では例として「エクスプローラー」をオフに、「ダウンロード」と「ミュージック」をオンにしてみます。

p2-12

これで設定変更は完了です。

それでは改めてデスクトップ左下のスタートボタンをクリックしてスタート画面を表示してみます。

p2-13

先ほど非表示にした「エクスプローラー」が表示されなくなり、代わりに「ダウンロード」と「ミュージック」が表示されていることが確認できます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)