使用するキーの一覧

広告

まずはコマンドプロンプトで使用するキーの一覧を確認しておきます。

キー動作
カーソルを右へ移動。右端の場合は直前のコマンドの同じ位置の文字を1文字表示して右へ移動
カーソルを左へ移動
Ctrl+→カーソルを単語単位で右へ移動
Ctrl+←カーソルを単語単位で左へ移動
前のコマンドを表示
次のコマンドを表示
Homeカーソルを行の先頭へ移動
Endカーソルを行の末尾へ移動
Ctrl+Home行の先頭からカーソル位置まで削除
Ctrl+Endカーソル位置から行の末尾まで削除
Backspaceカーソルの左側の文字を削除
Insert上書きと挿入の切り替え
Deleteカーソル位置の文字を削除
Esc現在入力しているコマンドをクリア
Tabカレントディレクトリのファイルを順に補完
PgUpコマンドの履歴の先頭を表示
PgDnコマンドの履歴の最後を表示
F1→と同じ
F2直前のコマンドを指定した文字まで貼り付け
F3直前のコマンドのカーソル位置から後ろの部分を貼り付け
F4カーソルの位置から指定して文字の直前まで削除
F5前のコマンドを表示(↑と同じ)
F6Ctrl+Z(EOF)を入力
F7コマンドの履歴をポップアップ表示
F8コマンドの履歴の中からカーソルの左側に一致するものを順に表示
F9コマンドの履歴の中から履歴番号を指定してコマンドを選択
Alt+F7コマンドの履歴を消去

カーソルの移動、コマンド履歴の表示、コマンドの補完などを行うことができます。

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)