コマンドプロンプトのサイズを変更する

広告
eyecatch

コマンドプロンプトの大きさはコマンドプロンプトのウィンドウサイズとフォント大きさによって決まります。ウィンドウのサイズは横幅の文字数と行数で指定します。ここではコマンドプロンプトのサイズを変更する方法について解説します。

ウィンドウサイズを変更する

コマンドプロンプトを起動し左上のアイコンをクリックして下さい。

ウィンドウサイズを変更する(1)

表示されたメニューの中から「プロパティ」をクリックして下さい。

ウィンドウサイズを変更する(2)

コマンドプロンプトのプロパティ設定ダイアログが表示されます。

ウィンドウサイズを変更する(3)

コマンドプロンプトのウィンドウサイズを変更するには「レイアウト」タブをクリックしてください。

ウィンドウサイズを変更する(4)

画面バッファのサイズというのは、コマンドプロンプトで表示できる最大のサイズです。デフォルトでは幅が「88」、高さが「9001」となっており、半角文字で横に80文字×9001行分のテキストを入力することができます。1つの文で80文字を超えると自動的に改行されます。

ウィンドウのサイズはコマンドプロンプトの画面のサイズです。画面バッファよりも小さくなければなりません。通常は画面バッファの幅とウィンドウのサイズの幅を同じにしておくと見やすいです。

それではウィンドウサイズの幅をそれぞれ60文字に変更してみます。この時「サイズ変更時にテキスト出力を折り返す」にチェックが入っていると、画面バッファの幅も自動的に変更されます。変更が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

ウィンドウサイズを変更する(5)

コマンドプロンプトの幅が半角で60文字のサイズに変更となりました。

ウィンドウサイズを変更する(6)

次にウィンドウのサイズの高さを30行に変更してみます。変更が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

ウィンドウサイズを変更する(7)

コマンドプロンプトの幅が30行にに変更となりました。

ウィンドウサイズを変更する(8)

-- --

「サイズ変更時にテキスト出力を折り返す」のチェックを外すと、ウィンドウのサイズの幅とは別に画面バッファの幅を個別に指定できます。例えばウィンドウサイズの幅を80、画面バッファ五の幅を100とすると、1行につき半角で100文字まで入力できるけれどウィンドウのサイズは80文字なので横スクロールバーが表示されるようになります。

ウィンドウサイズを変更する(9)

ウィンドウサイズを変更する(10)

ウィンドウサイズを変更する(11)

なおバッファの幅がウィンドウの幅よりも小さい値を設定すると、自動的にウィンドウの幅がバッファの幅と同じになります。

-- --

コマンドプロンプトのサイズを変更する方法について解説しました。

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。