文字のサイズとフォントの種類を設定する

広告
eyecatch

コマンドプロンプトでは画面に表示される文字のサイズやフォントの種類を変更することができます。ここではコマンドプロンプトの文字サイズとフォントの種類を変更する方法について解説します。

文字のサイズを変更する

コマンドプロンプトを起動し左上のアイコンをクリックして下さい。

文字のサイズを変更する(1)

次のようなメニューが表示されます。「プロパティ」をクリックして下さい。

文字のサイズを変更する(2)

コマンドプロンプトのプロパティ設定ダイアログが表示されます。

文字のサイズを変更する(3)

文字サイズの変更を行うには「フォント」タブをクリックしてください。

文字のサイズを変更する(4)

文字サイズを変更するには「サイズ」のところで文字のサイズを選択します。

文字のサイズを変更する(5)

それでは文字サイズとして「12」を選択してみます。変更が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

文字のサイズを変更する(6)

コマンドプロンプトに表示される文字のサイズが変更されました。あわせてコマンドプロンプトのウィンドウの大きさも変更されています(ウィンドウの大きさはフォントサイズとウィンドウサイズによって決まります)。

文字のサイズを変更する(7)

フォントを変更する

先程と同じ「フォント」タブでフォントの種類を変更することもできます。

フォントを変更する(1)

それではフォントの種類として「HGゴシックE」を選択してみます。変更が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

フォントを変更する(2)

コマンドプロンプトで表示される文字のフォントの種類が変更されました。

文字のサイズを変更する(3)

-- --

コマンドプロンプトの文字のサイズとフォントの種類を変更する方法について解説しました。

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。