テキストファイルの内容を表示(TYPE)

広告
eyecatch

テキストファイルの内容を表示できる TYPE コマンドの使い方について解説します。

TYPEコマンドの使い方

TYPE コマンドを実行するとファイルの内容を表示できます。書式は次の通りです。

TYPE [ドライブ:][パス]ファイル名

引数のファイル名には1つまたは複数のファイルを指定することができます。

ファイルの内容を表示する

例えばカレントディレクトリにある memo.txt ファイルの内容を表示するには次のように実行します。

type memo.txt

ファイルの内容を表示する(1)

memo.txt ファイルの内容が標準出力の出力先である画面に表示されました。確認のために memo.txt をメモ帳で開いてみると、同じ内容が表示されます。

ファイルの内容を表示する(2)

-- --

引数に複数のファイルを空白を区切り文字として指定すると、それぞれのファイルの内容をファイル名といっしょに表示します。例えばカレントディレクトリにある memo.txt と note.txt の内容をそれぞれ表示するには次のように実行します。

type memo.txt note.txt

ファイルの内容を表示する(3)

memo.txt と note.txt ファイルの内容が標準出力の出力先である画面に表示されました。

-- --

TYPE コマンドを使ってテキストファイルの内容を表示する方法について解説しました。

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。