ディレクトリ構造をツリー形式で表示(TREE)

広告
eyecatch

対象のディレクトリからのディレクトリ構造をツリー形式で表示できる TREE コマンドの使い方について解説します。

TREEコマンドの使い方

TREE コマンドを実行するとディレクトリ構造をツリー形式で表示できます。書式は次の通りです。

TREE [ドライブ:][パス] [/F] [/A]

TREE コマンドの引数としてディレクトリ構造を表示したいパスを指定します。パスは相対パスでも絶対パスでも指定できます。

パスを指定してディレクトリ構造を表示する

例えばカレントディレクトリが c:¥test の時にカレントディレクトリからのディレクトリ構造をツリー形式で表示するには次のように実行します。

tree

パスを指定してディレクトリ構造を表示する(1)

カレントディレクトリを起点としたディレクトリ構造が表示されました。

次に対象となるパスを引数に指定して TREE コマンドを実行してみます。

tree c:¥test

パスを指定してディレクトリ構造を表示する(2)

引数に指定したパスを起点としたディレクトリ構造が表示されました。パスを指定した場合は、起点となるディレクトリにパス名が明記されます。

ディレクトリに含まれるファイル名も表示する

ディレクトリ名だけでなくディレクトリ内に含まれるファイル名も含めてツリー構造で表示するには「/f」オプションを付けて実行します。

tree /f

ディレクトリに含まれるファイル名も表示する(1)

ファイル名も含めてディレクトリ構造が表示されました。

ツリー構造をASCII文字を使って表示する

TREE コマンドを実行する時に、表示されるツリー構造をASCII文字を使って表示したい場合には「/a」オプションを付けて実行します。

tree /a

ツリー構造をASCII文字を使って表示する(1)

ツリー構造の部分がASCIIっ文字の「+」などを使って表示されました。

-- --

TREE コマンドを使ってディレクトリ構造をツリー形式で表示する方法について解説しました。

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。