ディレクトリの作成(MD)

広告

新しくディレクトリを作成する方法を確認します。mkdirコマンドまたはmdコマンドを使います。

mkdir パス
md パス

※mkdirコマンドとmdコマンドはまったく同じです。

パスの指定方法はcdコマンドの場合と同じです。詳しくは「カレントディレクトリの変更(CD)」を参照して下さい。

例えばカレントディレクトリが「c:¥cdtest¥」の時にサブディレクトリとして「test」を作成する場合には次のように入力します。

md test

また深い階層にあるディレクトリを作成する場合に、途中のデイレクトリがまだ存在しない場合は自動的に作成を行ってくれます。

例えばカレントディレクトリが「c:¥cdtest¥」の時に「c:¥cdtest¥aaa¥bbb¥ccc¥」ディレクトリを作成したい場合で考えみます。作成したいディレクトリは「ccc」ですが、その階層の途中にある「aaa」ディレクトリも「bbb」ディレクトリも存在しなかった場合、1つ1つディレクトリを作成していく場合は次のようになります。

md aaa     <- aaaディレクトリを作成
cd aaa     <- カレントディレクトリが「c:¥cdtest¥aaa¥」に変更
md bbb     <- bbbディレクトリを作成
cd bbb     <- カレントディレクトリが「c:¥cdtest¥aaa¥bbb¥」に変更
md ccc     <- cccディレクトリを作成

ただこれは次のように記述することができます。

md aaa¥bbb¥ccc

mdコマンドでは、途中のディレクトリが存在しない場合には自動で作成してくれますので、深い階層のディレクトリを作成した場合にも途中のディレクトリがあるかないかは気にする必要はありません。

サンプル

では実際に試してみます。現在のカレントディレクトリを「C:¥cdtest¥」とします。

ディレクトリの作成(MD)

サブディレクトリとして「test」を作成します。

ディレクトリの作成(MD)

※「dir /ad」はカレントディレクトリに含まれるサブディレクトリだけを表示します。

今度は絶対パスの指定で「D:¥aaa¥bbb¥ccc¥」ディレクトリを作成します。

ディレクトリの作成(MD)

途中の階層のディレクトリもまとめて作成されていることが確認できました。

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )