ディレクトリの作成(MD, MKDIR)

広告
eyecatch

新しいディレクトリを作成することができる MD コマンドの使い方について解説します。

MDコマンドの使い方

MD コマンドを実行すると新しいディレクトリを作成することができます。書式は次の通りです。

MD [ドライブ:]パス

MD コマンドの引数として作成するディレクトリのパスを指定します。パスは相対パスでも絶対パスでも指定できます。

なお MKDIR コマンドを使っても同じ結果となります。

MKDIR [ドライブ:]パス

新しいディレクトリを作成する

例としてカレントディレクトリが c:¥test の時に report ディレクトリを作成するには次のように実行します。

md report

コマンド実行前のディレクトリ構造はこのようになっていました。

新しいディレクトリを作成する(1)

MD コマンド実行後に確認してみると reort ディレクトリが作成されているのが確認できます。

新しいディレクトリを作成する(2)

※ TREE コマンドはディレクトリ構造を表示するコマンドです。詳しくは「ディレクトリ構造をツリー形式で表示(TREE)」で解説します。

なおすでに存在するディレクトリを作成しようとすると「サブディレクトリまたはファイル xxx は既に存在します。」と表示されます。

新しいディレクトリを作成する(2)

パスの中間ディレクトリを自動で作成する

例えば aaa¥bbb¥ccc ディレクトリのような階層が深いディレクトリを作成する場合、中間のディレクトリが存在していない場合は自動で作成します。つまり次の2つは同じ結果となります。

md aaa¥bbb¥ccc

md aaa
cd aaa
md bbb
cd bbb
md ccc

ではカレントディレクトリが c:¥test の時に aaa¥bbb¥ccc ディレクトリを作成してみます。

md aaa¥bbb¥ccc

新しいディレクトリを作成する(3)

TREE コマンドで確認してみると、中間ディレクトリである aaa ディレクトリも bbb ディレクトリもすべて作成されていることが確認できます。

-- --

MD コマンドを使って新しいディレクトリを作成する方法について解説しました。

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。