処理の一時停止(PAUSE)

広告

バッチファイルでは記述されている順に上から下へ向かって実行が行われますが、pauseコマンドを使用すると処理を一時停止することができます。

pause

pauseコマンドが実行されると処理が止まり、画面に「"続行するには何かキーを押してください . . ."」と表示されます。ここで何かキーを押すとpauseの次の行から処理が再開されます。

一気に処理を実行するのではなく、バッチファイルの実行者の方に処理を続行するのかどうか確認をしたい場合に使用できます。

では実際に試してみます。次のようなバッチファイルを作成します。

@echo off
echo バッチファイルを実行します
pause
cd c:¥cdtest
cd

バッチファイルを実行すると次のようになります。

処理の一時停止(PAUSE)

バッチファイルを実行するメッセージを表示したあとで処理が一度止まります。ここで何かキーを押すと処理が続行されます。

処理の一時停止(PAUSE)

コマンドプロンプトの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)