80番以外のポート番号を使用した場合のWebサーバへのアクセス

広告
eyecatch

Apacheに限らずWebサーバでは一般的にポート番号として80番を使用します。ただ既に同じサーバ上で80番を使用するアプリケーションが動作していた場合は別のポート番号を使用するように設定する必要があります。ここではポート番号として80番以外を使用した場合にブラウザからWebサーバへアクセスする方法について解説します。

Apacheで使用するポート番号を変更する

ポート番号を設定する」で解説したように、Apacheで使用するポート番号の指定は http.conf ファイルで指定します。デフォルトでは Listen ディレクティブを使って次のように80番が指定されています。

#
# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, instead of the default. See also the <VirtualHost>
# directive.
#
# Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to 
# prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
#
#Listen 12.34.56.78:80
Listen 80

同一サーバ上で別のWebサーバが起動しており80番ポートが既に使われている場合などには別のポート番号(例えば:8080番)を指定します。何でも好きな番号を指定できるわけではなく、同じサーバ上で動作している他のアプリケーション(メールサーバやDNSサーバなど)が使用していない番号を指定しなければなりません。ここでは例として8080番を指定してみます。

#
# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, instead of the default. See also the <VirtualHost>
# directive.
#
# Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to 
# prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
#
#Listen 12.34.56.78:80
Listen 8080

設定を反映させるには http.conf ファイルを保存した後でApacheを再起動して下さい。

ブラウザからポート番号を指定してApacheへアクセスする

ブラウザからApacheなどのウェブサーバへアクセスする場合、次の書式に従ってアクセスします。

http://(Webサーバのホスト名):(Webサーバで使用しているポート番号)/...

例えば8080番で特定のWebサイトへアクセスする場合は http://www.example.com:8080/ のようにアクセスします。

なおポート番号として80番を使用する場合だけは例外で、ポート番号を省略した場合は80番が指定されたものとして扱われます。そのため本来であれば http://www.example.com:80/ のようにアクセスする代わりに http://www.example.com/ のようにポート番号を省略してアクセスすることができます。

ポート番号が80番の場合は省略できるので次の2つは同じ

http://www.example.com/
http://www.example.com:80/

今回Apacheはポート番号8080番を使用していますので、このWebサーバへアクセスするには http://localhost/ ではなく http://localhost:8080/ のようにポート番号を指定してアクセスしなければなりません。では実際に試してみます。

p6-1

正常にアクセスすることができました。80番以外のポート番号を使う場合は、Webサーバにアクセスする時にポート番号を付与してアクセスしなければいけないことを覚えておいて下さい。

Apache入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。