サンプルコードを使ったPHP動作確認

広告

ここまででPHPに関する各種設定方法について確認できましたので、簡単なサンプルを作成し実際にPHPが使えるようになっているかを確認してみます。

テキストエディタを開き、次のような簡単なサンプルプログラムを記述します。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />
<title>PHPテスト</title>
</head>
<body>

<h1>PHPのテストです</h1>

<p>
今日の日付は
<?php
echo date('Y年m月d日');
?>
です。
</p>

</body>
</html>

上記を「sample.php」という名前でApacheのドキュメントルートに配置しました。文字コードはUTF-8です。(ドキュメントルートについては「公開用コンテンツの配置」をご参照下さい)。

p4-1

Apacheが起動していることを確認した上で、ブラウザから「http://localhost/sample.php」へアクセスして下さい。

p4-2

上記のように表示されれば無事PHPは利用できるようになっています。

( Written by Tatsuo Ikura )