phpMyAdminを使ったサンプルデータベースの作成

広告

phpMyAdminというMySQL/MariaDB用のツールを使ってデータベースやテーブルの作成、そしてユーザーの追加を行う方法について解説します。

1.phpMyAdminの操作画面の表示
2.データベースの作成
3.テーブルの作成
4.テーブルにテスト用データを挿入
5.ユーザーの追加

phpMyAdminの設定に関する詳細については「phpMyAdminの使い方」を参照して下さい。

phpMyAdminはブラウザ経由でMySQL/MariaDBのデータベースやテーブルなどを作成することができるツールです。利用するにはまずXAMPPコントロールパネルを起動しApache及びMariaDBが起動していることを確認して下さい。その後で、MySQLの行にある「Admin」をクリックして下さい。

p5-1

ブラウザが起動しphpMyAdminのログイン画面が表示されます。(ブラウザから「http://localhost/phpmyadmin/」へアクセスして頂いても同じです)。ユーザー名に「root」、パスワードにrootアカウントのパスワードを入力してから「実行」をクリックして下さい。

p5-2

phpMyAdminの管理画面が表示されます。

p5-3

まず最初にデータベースを作成します。画面上部のメニューの「データベース」と書かれたタブをクリックして下さい。

p5-4

データベースに関する画面が表示されます。

p5-5

「データベースを作成する」と書かれた下にあるテキストボックスに新しく作成するデータベースの名前を入力して下さい。今回は「staff」としました。入力が終わりましたら「作成」をクリックして下さい。

p5-6

新しいデータベースが作成されました。

p5-7

作成したデータベースにテーブルを作成します。phpMyAdminの画面左側を見て下さい。作成済のデータベース一覧が表示されていますので、その中から先ほど作成した「staff」をクリックして下さい。

p5-8

選択したデータベースに含まれるテーブルの一覧が表示されます。現在はまだテーブルは1つもありません。

p5-9

新しいテーブルを作成するには作成するテーブル名とカラム数を入力し、その後で「実行」ボタンをクリックして下さい。今回テーブル名は「staffname」、カラム数は2としました。

p5-10

テーブルが作成され、作成されたテーブルに含まれるカラムに関する設定画面が表示されます。今回はカラム数を2つとしましたのでそれぞれ設定できるようになっています。(設定個所は下記の赤枠の部分です)。

p5-11

1つ目のカラムは「名前」を「id」、「データ型」を「INT」としました。2つ目のカラムは「名前」を「name」、「データ型」を「VARCHAR」、「長さ/値」を20としました。

p5-12

また一番目のカラムについては右の方にある「A_I」の項目にチェックをしています。(「A_I」とはauto incrementのことです)。

p5-13

「A_I」にチェックをすると次のようなウィンドウが表示されますので「実行」をクリックして下さい。

p5-14

入力が終わりましたら画面下にある「保存する」ボタンをクリックして下さい。

p5-15

テーブルの作成が完了しました。

p5-16

作成したテーブルにテスト用のデータを挿入します。画面左側に表示されているデータベース一覧の中から「staff」をクリックし、その後で「staff」データベースのところに表示されたテーブル一覧の中から「staffname」をクリックして下さい。

p5-17

選択したテーブルに含まれるデータの一覧が表示されます。まだデータはありません。

p5-18

テーブルにデータを追加します。画面上部の「挿入」タブをクリックして下さい。

p5-19

テーブルにデータを挿入するための画面が表示されます。デフォルトでは一つの画面で2つのデータを同時に追加できるようになっています(変更できます)。

p5-20

テーブルには2つのカラム「id」と「name」がありますので、1つのデータにつきそれぞれ値を入力します。ただ「id」からむは自動で値が入力されるように設定してありますので、必要なのは「name」の値だけです。値を入力したら「実行」をクリックして下さい。

p5-21

1つのデータがテーブルに追加されました。

p5-22

画面上部の「表示」タブをクリックするとテーブルに追加されたデータの一覧が表示されます。

p5-23

同じ手順で2つデータを追加しました。このテーブルには現在3つのデータが追加されています。

p5-24

作成したデータベースにPHPなどからアクセスする場合に、全ての権限を持つrootアカウントでアクセスするのはあまり望ましくありません。そこで作成したデータベースに対して必要な権限だけを持つユーザーを作成しPHPからアクセスする時は作成したユーザーを使うようにします。

ユーザーを作成するには画面左側に表示されているデータベース一覧の中から「staff」をクリックして下さい。

p5-25

画面上部の「特権」タブをクリックして下さい。

p5-26

選択したデータベースにアクセスできるユーザーの一覧が表示されます。

p5-27

新しいユーザーを追加するには「Add user account」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p5-28

ユーザー追加の画面が表示されます。

p5-29

最初に「ログイン情報」のブロックで「User Name」は「testuser」、「Host name」はデフォルトでは「すべてのホスト」となっていた部分を「ローカル」に変更しました。「パスワード」は確認のため2か所に同じパスワードを入力して下さい。次に「Database for user account」のブロックで「データベース "staff" への全ての特権を与える。」だけにチェックをして下さい。

p5-30

グローバル特権のブロックは全て空欄で結構です。最後に画面右下にある「実行」をクリックして下さい。

p5-31

新しいユーザーの追加が完了します。

p5-32

サンプル用のデータベース、テーブル、データ、そしてユーザーの追加が完了しました。

( Written by Tatsuo Ikura )