公開用コンテンツの配置

広告

ApacheのようなWebサーバを使用することで、自分で作成したコンテンツをインターネットに対して公開することができます。そこでここでは外部に公開するコンテンツをどこに設置するのかについて解説します。

1.ドキュメントルート
2.独自コンテンツの配置

設定ファイルの確認と修正」で記載した通り、外部に公開するコンテンツはhttp.confファイルのDocumentRootで指定したディレクトリ(ドキュメントルートと呼ばれる場所)に配置していきます。私の場合ですと「c:/xampp/htdocs」となります。

p3-1

このディレクトリには「index.php」ファイルが含まれています。「http://localhost/」へアクセスすると「http://localhost/index.php」が表示されます。

Webサーバを外部に公開して独自のコンテンツを配信する場合には、現在「htdocs」ディレクトリに入っているファイルやディレクトリは削除した上で独自に作成したコンテンツを代わりに配置していくことになります。今回は例として次のような内容のファイルを「index.html」という名前で「htdocs」ディレクトリに配置しました。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />
<title>サンプルページ</title>
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
</head>
<body>

<h1>Apacheサンプル</h1>

<p>
XAMPPによってインストールされたApacheの動作確認です。
</p>

</body>
</html>

p3-2

それではApacheを起動して下さい。

p3-3

ブラウザから「http://localhost/index.html」へアクセスしてみます。すると次のように先ほど自分で作成して設置したHTMLページが表示されました。

p3-4

今回は1ページだけでしたが、複数のページや画像など必要なファイルをドキュメントルートのディレクトリに配置することで、自分で作成したコンテンツをWebサーバ経由で公開することができます。

( Written by Tatsuo Ikura )