80番以外のポート番号を使用した場合のWebサーバへのアクセス

広告

Apacheに限らずWebサーバでは一般的にポート番号として80番を使用します。ただ既に同じサーバ上で80番を使用するアプリケーションが動作していた場合は別のポート番号を使用するように設定する必要があります。ここではポート番号として80番以外を使用した場合にブラウザからWebサーバへアクセスする方法について解説します。

1.Apacheで使用するポート番号を変更する
2.ブラウザからポート番号を指定してApacheへアクセスする

設定ファイルの修正」で解説したように、Apacheで使用するポート番号の指定は「http.conf」ファイルで指定します。デフォルトでは次のように80番が指定されています。

Listen 80

先に記載したように既に80番が使用されていた場合には別のポート番号(例えば:8080番)を指定します。何でも好きな番号を指定できるわけではなく、同じサーバ上で動作している他のアプリケーション(メールサーバやDNSサーバなど)が使用していない番号を指定しなければなりません。ここでは例として8080番を指定してみます。

Listen 8080

設定を反映させるには「http.conf」ファイルを保存した後でApacheを再起動して下さい。

ブラウザからApacheなどのウェブサーバへアクセスする場合、次の書式に従ってアクセスします。

http://(Webサーバのホスト名):(Webサーバで使用しているポート番号)/...

例えば8080番で特定のWebサイトへアクセスする場合は「http://www.example.com:8080/」のようなURLへアクセスします。

なおポート番号として80番を使用する場合だけは例外で、ポート番号を省略した場合は80番が指定されたものとして扱われます。そのため本来であれば「http://www.example.com:80/」と記述する代わりに「http://www.example.com/」だけで済みます。

今回Apacheはポート番号8080番を使用していますので、このWebサーバへアクセスするには「http://localhost/」ではなく「http://localhost:8080/」のようにポート番号を指定してアクセスしなければなりません。では実際に試してみます。

p6-1

正常にアクセスすることができました。80番以外のポート番号を使う場合は、Webサーバにアクセスする時にポート番号を付与してアクセスしなければいけないことを覚えておいて下さい。

( Written by Tatsuo Ikura )